Jpop Super Beaver “Rashisa” en español



『人とは違う』で差をつけろ コンビニの雑誌コーナー
表紙に太字で書いてあった
『ひと と は ちがう』 で さ を つけろ こんびに の ざっし コーナー
ひょうし に ふとじ で かいてあった
‘hito to wa chigau‘ de sa o tsukero konbini no zasshi kōnā
hyōshi ni futoji de kai te atta
Marca la diferencia con “soy diferente de los demás”, en la sección de revistas de la combini
Estaba escrito en negrita en la portada
自分らしさってなんだ 子供の頃は気にもせず
気に入らなければ怒って 好きなものを好きだと言って
じぶんらしさって な んだ こども の ころ は きにもせず
きにいらなければ おこって すき な もの を すきだ と いって
jibunrashisa tte nanda kodomo no koro ha kinimosezu
ki ni iranakereba okotte suki na mono wo suki da to itte
Qué es “ser uno mismo”? Cuando era niño ni siquiera me preocupaba
Me enojaba si no me gustaba, decía “me gusta” a las cosas que me gustaban
僕らは変わってく 守りたいものが変わってゆく
理解されない宝物から 理解されるための建前へ
ぼくら は かわってく まもりたい もの が かわってゆく
りかい されない たからもの から りかい される ため の たてまえ へ
bokura ha kawatteku mamoritai mono ga kawatte yuku
rikai sarenai takaramono kara rikai sareru tame no tatemae he
Nosotros vamos cambiando, las cosas que queremos proteger van cambiando
De un tesoro (incomprendido) que no es comprendido, a (crear) una apariencia con para ser comprendido
大人に なるほど 後悔する生き物になる
でもね それでもね 見えるものがあるんだよ
おとな に なるほど こうかい する いきもの に なる
でも ね  それでも ね みえる もの が あるんだ よ
otona ni naruhodo kōkai suru ikimono ni naru
demo ne soredemo ne mieru mono ga arunda yo
Te conviertes en un ser que cuanto más adulto te haces más te arrepientes
Pero, sabes, aun así, hay (queda) algo que se puede ver
だから 僕は僕らしく そして君は君らしくって
初めから 探すような ものではないんだと思うんだ
僕は君じゃないし 君も僕じゃないから
すれ違う 手をつなぐ そこには愛だって生まれる
そういうもんさ
だから  ぼく は ぼく らしく そして きみ は きみ らしくって
はじめ から  さがす ような もの ではないんだ と おもうんだ
ぼく は きみ じゃない し きみ も ぼく じゃない から
すれちがう  て を つなぐ そこ に は あい だって うまれる
そういう もん さ
dakara boku ha boku rashiku soshite kimi ha kimi rashikutte
hajime kara sagasu yōna mono dehanainda to omounda
boku ha kimi janai shi kimi mo boku janai kara
surechigau te wo tsunagu soko ni ha ai datte umareru
sōyuu mon sa
Por eso, yo (voy) siendo yo mismo, y tú siendo tú mismo
No creo que sea algo que se busca desde el principio
Y es que no soy tú, ni tú eres yo
Nos cruzamos, nos agarramos la mano, e incluso el amor nace ahí
Esto es así
自分らしさって何だろう
変えられない大切があるから
変わりゆく生活が正しい
じぶん らしさって なんだろう
かえられない たいせつ が ある から
かわりゆく せいかつ が ただしい
jibun rashi satte nandarou
kaerarenai taisetsu ga aru kara
kawariyuku seikatsu ga tadashii
Qué será “ser uno mismo”?
Como hay un (una cosa) importante que no puedes cambiar
Es correcto vivir cambiando
個性を出さなきゃいけない
そういう流行りの無個性で
悟ったように一歩引いた匿名希望の傍観者
こせい を ださなきゃ いけない
そういう はやり の むこせい で
さとった ように いっぽ ひいた とくめいきぼう の ぼうかんしゃ
kosei wo dasanakya ikenai
sōyuu hayari no mukosei de
satotta yōni ippo hiita tokumeikibō no bōkansha
“Tienes que sacar tu originalidad”
La “inoriginalidad” de ese tipo de modas
El mero espectador que desea ser anónimo se echa atrás, como si lo comprendiera todo
ちょっと待ってよ星空は
変わらずあの日と同じだよ
理解されずとも宝物は今でも宝物のはずでしょう
ちょっと まって よ ほしぞら は
かわらず あの ひ と おなじ だ よ
りかい されずとも たからもの は いまでも たからもの の はず でしょう
chotto matte yo hoshizora ha
kawarazu ano hi to onaji da yo
rikai sarezutomo takaramono ha imademo takaramono no hazu deshou
Espera un momento, cielo estrellado
Es lo mismo, sin cambios, que aquel día
Aunque sin ser comprendido, el tesoro se supone que incluso ahora es un tesoro, ¿verdad?
変化が怖くて 変わらぬ日々も嫌いで
変わりたくて 変われなくて
子供の頃を思ったりもして
へんか が こわくて かわらぬ ひび も きらい で
かわりたくて  かわれなくて
こども の ころ を おもったりもして
henka ga kowakute kawaranu hibi mo kirai de
kawaritakute kawarenakute
kodomo no koro wo omottari mo shite
Me da miedo el cambio, y odio también los días que no cambian
Quiero cambiar (pero) no puedo cambiar
Hago cosas como recordar cuando era niño
見失いそうで、自分であるふりとか
コンビニで目にした太字を気にしてたんだろう
でもね それでもね 見えるものに気付いてよ
みうしないそう で、 じぶん である ふり とか
コンビニ で めにした ふとじ を きにしてたん だろう
でも ね  それでも ね みえる もの に きづいて よ
miushinaisō de, jibun dearu furi toka
konbini de menishita futoji wo ki ni shitetan darou
demo ne soredemo ne mieru mono ni kizuite yo
Me parece que me pierdo (a mí mismo), y por ejemplo finjo que soy yo
Me estaba interesando por la letra negrita que vi en la combini?
Pero, sabes, aun así, date cuenta de lo que se puede ver
だから 僕は僕らしく そして君は君らしくって
初めから 探すような ものではないんだと思うんだ
僕は君じゃないし 君も僕じゃないから
すれ違う 手をつなぐ そこには愛だって生まれる
そういうもんさ
だから  ぼく は ぼく らしく そして きみ は きみ らしくって
はじめ から  さがす ような もの ではないんだ と おもうんだ
ぼく は きみ じゃない し きみ も ぼく じゃない から
すれちがう  て を つなぐ そこ に は あい だって うまれる
そういう もん さ
dakara boku ha boku rashiku soshite kimi ha kimi rashikutte
hajime kara sagasu yōna mono dehanainda to omounda
boku ha kimi janai shi kimi mo boku janai kara
surechigau te wo tsunagu soko ni ha ai datte umareru
sōyuu mon sa
Por eso, yo (voy) siendo yo mismo, y tú siendo tú mismo
No creo que sea algo que se busca desde el principio
Y es que no soy tú, ni tú eres yo
Nos cruzamos, nos agarramos la mano, e incluso el amor nace ahí
Esto es así
自分らしさって何だろう
変えられない 大切があるから
変わりゆく生活は正しい
変わらない大切があるから
じぶん らし さって なん だろう
かえられない たいせつ が ある から
かわりゆく せいかつ は ただしい
かわらない たいせつ が ある から
jibunrashisatte nan darou
kaerarenai taisetsu ga aru kara
kawariyuku seikatsu ha tadashii
kawaranai taisetsu ga aru kara
¿Qué será “ser uno mismo”?
Como hay un (una cosa) importante que no puedes cambiar
Es correcto vivir cambiando
Porque hay un (una cosa) importante que no cambiará

Gracias a Jinco Taisho por editar.
ありがとうございます


4 comentario

  1. HOLA SENSEI no entiendo ¿nosotros tus seguidores te podemos pedir que musica de opening, ending o musica traducir?

  2. ごめんキラ先生でも… la letra no corresponde con el vídeo T_T
    La letra es de ignited -イグナイテッド-

    Aquí te dejo una página con la letra de らしさ:
    http://beautifulsonglyrics.blogspot.com/2014/08/super-beaver-rashisa-lyrics.html

コメントをください Deja tu comentario

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Advertisment ad adsense adlogger